神田・秋葉原についてのコラム

風俗 体験

この街の風俗が熱い事は皆様ご存じでしょうか?神田と言えば、ビジネス街・オフィス街というイメージであるが、意外な事に風俗の街でもあるのである。今回は、その神田の風俗を体験してみての、私の体験記事を掲載したいと思います。 2012年1月某日 その日私は、期待を込めて駅に降り立った。目的は、風俗遊び。意外と神田の風俗が熱いとの噂を聞きつけて、それを体験してみようと思ったのである。 風俗にも、様々な業種があるが、今回はこの場所ならではの醍醐味ともいえるであろう、性感マッサージを体験したいと考えていた。しかし、駅に降り立ち、目指すお店にコンタクトを取ろうと思ったのだが…なんと、私の事前のリサーチ不足か、そのお店は店舗移転の為に閉店していた事が判明したのであった。「そんな!風俗体験が出来ないなんて…。」と、ここで神田の風俗の体験記は終了です。…というのは冗談だが、止む無く他の風俗店(ここはやはり性感マッサージ店が良い)を探してみる事にした。その際、先人達の残した体験談を参考にもしてみたのであった。その多くの場合、ここで遊ぶ場合はレンタルルームなどでの遊び方が中心となっているようであった。いくつかのお店のHPなどを見て、その中で一つ気になるお店を見つけたのである。折角、神田まで来て遊ぶのだから、女の子は外したくはない。好みに合う子で、めくるめく風俗体験があしたのである。なので、指名して遊ぶ事にし、その前に少し食事をとってから予約の電話をする事にした。腹が減っては~と、先人達も言っていたではないか。 - 一時間後 - 食事を済ませた私は、興奮と緊張からか呂律の回らない声で、予約の電話を入れる事にした。いよいよ熱い風俗体験が待っているのだ。呼び出しのコールが永遠に続くような気がした…。「●●チャンの指名をお願いしたいのですけど」『すいません、ついさっき予約で埋まっちゃいました!』…なんという事だ。食事など取ったばかりに、遊ぶチャンスを逃してしまった!そうして、体験も出来ないまま、私は帰路についたのであった。(次回に続く?) 情報化の発達した現代では、見ず知らずの他者との情報の共有化に垣根はない。ことに、以前は閉鎖的でもあった性風俗業界でも、この情報の共有化は進んでいる。大きな例を挙げるならば、業界を利用した男性客の体験談などが一例として適当である。そもそも、風俗体験を大きな声で語る事は憚られる事でもあった。しかし、情報化の発達する中で、顔を出さずとも匿名の体験談として自分の風俗体験を語る事が出来るようになったのである。この事により、他者の風俗体験を下敷きにして、より自分のニーズにあった風俗店やサービスを求める動きは活発となり、その結果、この業界にも自浄作用とも言える向上心を求められる事となったのだ。つまり、営業的努力の欠如した怠慢な店舗は、自然と立ちゆかないという事でもある。しかし、その点についてはサービスを体験する側である顧客にとっては非常に良い結果を招くのではないだろうか。話は少し変わるが、欲望渦巻く都市秋葉原でもその影響は顕著である。詳しくは他の記事を参照頂くことにするが、ネット社会に精通した住人達にとって、代表すべき都市はアキバでもあると言える。それほど、ネット社会に与える影響の大きい都市でもあるといえるのだ。そんな街であるが、我々の業界にとっても注目すべき都市であり、所謂性風俗の業界に限らずとも、様々な関連する業界に於いてもその注目度は非常に高い都市であると言える。この街の風俗体験を語る上で、先程挙げた情報の共有化は外すことの出来ない部分でもある。つまりは、風俗を体験する→体験談を共有→情報を元にした他者の風俗体験→最初に戻る…といった、秋葉原風俗体験のスパイラルとも言えるべきものがあるのではないだろうか。

リアルタイム出勤情報

  • 情報がありません。

おかしなエステ モバイル

携帯から女の子のプロフィールや出勤状況をCHECK!!QRコードをご利用下さい。

携帯メールにURLを送信

@okashinaeste.comのドメイン指定を解除して下さい。

  • おかしなエステ五反田本店
  • おかしなエステ上野受付館