神田・秋葉原についてのコラム

風俗

神田で風俗…。少し意外な印象を受ける方もいるかもしれないが、今後の性風俗産業の中心を担うべき存在であるとも言えるかもしれない。神田は、実は熱い街なのだ。この街の風俗店は、数こそそれほど多いという印象はないかもしれないが、需要あって存在するだけにレベルが高い気がする。神田という土地柄もあってか、店舗型の店も存在するが、やはり無店舗型店が主流になってくるはずである。この街は、交通アクセスに優れた街である。従って、ビジネス街であるがこの手のサービス利用の見込み客は想像以上に多いと業界事情通に聞いた事がある。実際にこの街を訪れて、その言葉の意味を、身を持ってしった気がする。そう「神田で風俗…悪くないな」と。この街の持つ、古き良き東京と、新しい東京とのイメージの混在は、性風俗業界の現状をも象徴するかのようで、この街が風俗街であるという認識に現実味を持たせる大きな要因でもあると感じるのである。性風俗業界の歴史は古く、世界最古の職業であるとの言葉を聞いた事もある。このサービスの歴史は、変化の歴史でもあった。神田のように、古きを温め新しきを知る歴史であったのだ。我々の業界は目まぐるしく変化していくが、変わらないものもある。風俗という無形のものが、現実の世界に存在する(営業形態としての“店”という意味ではない)のならば、神田という地域を持ってそれを感じる事が出来るはずであるのだ。この街の駅に降り立ったその時。その胸に去来する物悲しいほどの哀愁と期待感は、相反する感情かもしれないが風俗に通ずるのである。そう、回春エステ遊びとはノスタルジーでもあるのだ。肌で感じるノスタルジーは、おかしなエステがオススメであると記しておこう… 秋葉原は、どんな都市であるのかについては、多くは語らずともお察しであろうと思う。ただ、現在開発著しいこの街は、そこに渦巻く多く欲望によって大きな変革を遂げてきたと言えるだろう。所謂「オタク」と言われる文化は、嗜好性の高さから、その方向性がぶれる事のない精神の欲求でもある。一例を上げるならば、風俗遊びにその影響を見て取れるだろう。秋葉原といえば、メイドのコスプレと言ってもいいほど、待ちに溢れているが、この場所に居を構える性風俗店の多くが、そのコスプレを店舗運営に取り込んでいる印象を受ける。突き詰めてしまえば、その趣味に合わなければ受け入れられないはずのコスプレであるが、ことにこの街では根強い人気を誇っているのである。そもそも、性風俗という業種に置いて、遊びという部分に置いては一種のマニアックさが必要不可欠であると私は考えている。それが店の心意気であったり、気構えであったり、何もお客様にすぐに目に付く所に必要ではない。秋葉原という一大文化に置いて、その発展を担ってきた文化の一端であるコスプレは、この地域における遊びの発展の一翼をも担っていたのである。そこにもし、中途半端とも言えるような気持ちを持つ店があれば、きっと自然と淘汰されてきたであるだろし、実際にこれからもそうであると私は思う。つまり、秋葉原の風俗とは、目の肥えた顧客を相手にしなければならないのである。性感エステ遊びが、ただ単に男性の下半身の処理だけで存在するのなら、この都市の遊びは非常にレベルの低い物でしか無かっただろう。だがしかし、秋葉原という都市の持つエネルギーは、そんないい加減な運営を許してはくれないだろう。秋葉原の風俗は、未だ成長期である。そして、その成長を止める事は決して出来ない。風俗。ただ単に業界にとどまらず、生活や風土・文化を含めて、この地域の“遊び”は面白いと言えるのである。

リアルタイム出勤情報

  • 情報がありません。

おかしなエステ モバイル

携帯から女の子のプロフィールや出勤状況をCHECK!!QRコードをご利用下さい。

携帯メールにURLを送信

@okashinaeste.comのドメイン指定を解除して下さい。

  • おかしなエステ五反田本店
  • おかしなエステ上野受付館