神田・秋葉原についてのコラム

回春

神田には回春マッサージ店が数多く営業している。その多くは、雑居ビルにて営業をする中国式の回春店が多いような印象がある。よく言われる大陸系エステ回春店というものである。本来、この言葉には性的な意味合いはなかったと聞く。「春が巡る」事を指して回春と呼び、それが転じて男性機能の回復を図る施術内容を回春と呼ぶようになったようである。マッサージ施術において、代表的な物としては睾丸マッサージが挙げられるだろう。その発祥地は現在のタイであると言われており現地では「ジャップカサイ」と呼ばれ、精力増強・腰痛の緩和・腎機能回復に効果があると言われている。そういった睾丸周り(睾丸周りにはリンパ節と呼ばれる部位があり、その部分への刺激による施術内容である)へのマッサージを、現在では回春マッサージと呼ぶ事は一般的な事であり、現在多くの「回春」を標榜する回春店で施術されている。従って、回春マッサージ=睾丸マッサージだという認識を持たれている方は非常に多いようである。一昔前の回春店のイメージと言えば、妙齢の女性というには少し厚かましいような年頃のお姉さんによる、いかがわしい施術であるといったイメージであった。しかし、時は平成である。この地域の回春店は、そういった過去のイメージを払拭するほどに進化を遂げているのである。神田という土地は、回春の街と言ってもあながち間違いではないのかもしれないのである。ビジネス街であるが、そのビジネスを支える労働力は、多くの場合男性であった。決して女性を軽視するわけではないが、この地域の企業戦士と言えば男であり、そして父であった。回春を欲する層は、つまりはそういったビジネス街にこそ埋もれている訳であり、神田という街に回春店が多く軒を連ねる真の意味が窺い知れるという事でもある。つまり、街が回春を欲している・この場所こそ我々にとって約束の街であると。 秋葉原と回春。一見何の繋がりもない言葉のようだが、実は非常に関係性の深い言葉なのかもしれないと私は考えている。この街について、私の立場から色々と調べてみた。私は回春マッサージと言われる男性向けのサービスを提供する仕事に携わっている。このサービスを施術するお店は、ここ数年で非常に多くなった。都内だけでも、派遣型の店や、店舗型の店など、かなりの数になると予想されるのである。それほど店の数は増えたのだが、回春店が多く営業する地域がある。例を挙げれば、五反田もそうであるが、実は秋葉原周辺はかなり回春店が営業する地域なのである。一般的な街のイメージは、所謂オタク文化の聖地といった印象であるが、実は回春マッサージの聖地とも言えるのかもしれない。お店のタイプは様々であるが、大陸系と言われる店が多く営業している印象を受ける。ここで、回春マッサージと言われるものがどういったものなのか簡単に説明したいと思う。そもそも、回春という言葉は、「春がもう一度巡り来る」という意味を持つ言葉だった。それが転じて、男性機能の回復を図る施術内容を指すようになり、回春=男性機能回復マッサージという意味を持つようになったと思われる。主な施術内容は、睾丸周りのリンパ節への刺激などを含むマッサージが中心であり、体感的な効果・効能は充分に感じる事が出来る。このマッサージは非常に中毒性の高いマッサージとも言えるのである。秋葉原に話を戻すと、この場所の持つ独特の魅力は人を惹きつけてやまない中毒性がある。この場所と回春が、密接な関係にある事の意味が、そこにあるように感じる事は出来ないだろうか。

リアルタイム出勤情報

おかしなエステ モバイル

携帯から女の子のプロフィールや出勤状況をCHECK!!QRコードをご利用下さい。

携帯メールにURLを送信

@okashinaeste.comのドメイン指定を解除して下さい。

  • おかしなエステ五反田本店
  • おかしなエステ上野受付館